7:00Restaurant KEI
心が満たされるとき
部屋いっぱいに広がる光を浴びて、自然な目覚めを感じ取る。
ゆっくりと身支度をしながら、今日のスケジュールを確認する。
“良い一日になりそうだ” そんな予感を胸にレストランへ向かう。
実に穏やかな空気の流れに、せわしない毎日から解放された自分を認識した。
自分好みにチョイスした彩り豊かな料理を一つ一つ口に運ぶ。
“なんて素晴らしい一日の始まりだろう!”
A DAY IN
HOTEL ARC RICHE
TOYOHASHI
10:00meeting at CLUB FLOOR
イマジネーションが溢れだす
暖炉の灯を眺めながら、パートナーの訪れを待つ。
「素敵な場所ですね」
まるで自分のことのように誇らしくなったが、今はゲストをもてなす時間だ。
これから始まるミーティングに意識を向けよう。
サロンのソファに腰掛けると、お互いの言葉が重なった。
二人の間にとめどないアイディアが生まれていく。
A DAY IN
HOTEL ARC RICHE
TOYOHASHI
13:00THE GARDEN
移りゆく景色の中で
「このあとランチでも如何ですか」
嬉しそうな顔をしてパートナーが頷く。
爽やかな風とおだやかな日差しが差し込むレストランで、
好みの料理を選びながら思わずつぶやきが漏れる。
「ここでランチミーティングするのも良かったかな」
苦笑しながら彼が言う。「この時間は、ご褒美ですよ」
A DAY IN
HOTEL ARC RICHE
TOYOHASHI
16:00豊市
一期一会の逸品を訪ねて
仕事の合間に、ブレイクタイムとして周辺を散策しよう。
豊市…
ふと入ったビルの中に、まるで市場のような光景が広がっている。
三河地方で採れた新鮮な食材が並び、どれも珍しいものばかりだ。
種類も豊富な量り売りのオリーヴオイルが目に留まる。
“甘いものが良かったのに”そんな妻のセリフを思い浮かべながら品定めは続いていく。
A DAY IN
HOTEL ARC RICHE
TOYOHASHI
17:00work space at CLUB FLOOR
未来への一歩と、安らぎのとき
サロンに戻ると、夕焼けが辺りを包みこんでいた。
おもむろに革製のチェアに腰掛けると、老夫婦がこちらを見て微笑みかける。
「ここからの景色が一番お勧めですよ」
ふと見上げると夜の帳が落ち、グラデーションに染まった山並みが美しい。
こころに安らぎを感じながら一つ一つ、シゴトを進める時間を愉しんだ。
A DAY IN
HOTEL ARC RICHE
TOYOHASHI
A DAY IN
HOTEL ARC RICHE
TOYOHASHI
ハレの日
「シゴト」+「旅」
女子旅
三河旅
WHAT'S NEW
最新情報はこちら